ピンキープラスの後遺症について

女性ホルモンとバストアップの関係について少しづつ分かってきました。
効果は期待できるということですが、ちょっと気になるのが後遺症や副作用…。

 

◆リスクの低さなら豊胸手術よりバストアップサプリメントがおススメ

 

これまで色々なバストケアを試して、もうダメ…とあきらめモードの方の中には豊胸手術うを
視野に入れ始めている方もみえるかもしれません。

 

豊胸手術のリスクはサプリメントよりも高く思います。
例えば、豊胸手術をすると乳がん検診などの際に発見が遅れる可能性も。

 

その理由は、シリコンを注入した場合レントゲン撮影をしてもシリコンが
白く映るせいで、体内にシコリがあった場合などに発見しづらくなること。

 

そして。傷跡がはれ上がりやすいケロイド体質の方はもっと注意が必要です。
手術後、手術跡がはれ上がってしまう可能性が多いそうです。

 

ピンキープラスは後遺症などの心配も現業とくにありませので豊胸手術より安心
さて、続いてはピンキープラスを飲んで副作用などの異常を感じた方がいるのか確認してみました。

ピンキープラスの副作用は?

さて、後遺症の心配は今のところ必要なさそうですが、
ピンキープラスを飲むことによって副作用などはあるのでしょうか?

 

◆ごくわずかの人ですが副作用を感じた人あり

 

これまでに、命にかかわるような致命的な副作用は確認されていませんが、
体質によっては副作用を感じる人もいるようです。気になるその症状とは?

 

<吐き気>
胃酸が過剰に出る方や、胃下垂の方はピンキープラスを飲んで吐き気を感じる人も。
その場合は一旦使用をSTOPするか、飲用を食後にすると胃への影響も少なくて済みます。

 

<生理遅れ>
サプリメントの効果が出やすい体質の方などに起こる場合あり。
対策としてピンキープラスの飲用を排卵日までにし、生理中は飲用を止めましょう。

 

<軟便>
人によっては、便が軟らかくなる場合があります。
この場合、使用を見合わせるか飲用量を加減していきましょう。

 

いずれも人によって副作用を感じる方も見えます。無理な摂取は控え
様子を見ながら摂取していきましょう。

 

ところで、ピンキープラスの詳しい成分は?
→詳しくはこちらをチェック!